干上がったコウホネの沼


10月4日に稚内市のコウホネの家のそばにある沼に行ってきました。

私がここに来たのは、コウホネの沼に水鳥がいないか確認するためでした。

早速コウホネの家の屋上から沼を除いて見ると、なんと沼の水がほとんどありません。

ほぼ干上がっていました。コウホネはなくなっていました。目当ての水鳥はもちろんいませんでした。

コウホネの沼は以前から海岸浸食により、海岸の砂が削られ、危機に瀕していたので海岸にブロックが設置されていました。
その原因の一つは抜海港にあるようです。北からの砂の流れが抜海港によって遮断されているのかもしれません。
実際、抜海港内には大量の砂が堆積しています。

稚内市の国立公園の園地になっている場所なので、今後の保全対策が望まれます。

長谷部


[PR]
by saroeco | 2018-10-06 17:27 | 風景

冬の利尻山と樹氷


2月1日の豊富町はこの冬最低の-22.7℃まで冷え込みました。

長い暴風雪が続き、湿原センターもすっかり雪の中に埋もれました。

木道も雪に覆われています。

林を出ると木道が完全に埋まっています。看板の上の部分が少しだけ出ています。

展望台も上がった部分だけが出ています。

久しぶりによく晴れたので利尻山が見えました。

なにもいない雪原に見えますが、ウサギの足跡がありました。

ハンノキの木には実が付いています。この実を食べに小鳥たちもやってきます。

その辺にある木には樹氷がついています。

木が白くなるので、とてもきれいに見えます。


低木にも樹氷がついていました。

長谷部


[PR]
by saroeco | 2018-02-01 10:06 | 風景

利尻山初冠雪


9月29日に利尻山が初冠雪しました。

9月28日夕方の様子。雪はありません。
夕方

9月30日に朝の様子。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上のほうに白く雪が積もっています。
雪

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-09-30 09:24 | 風景

神秘の沼 カムイト沼

7月6日にカムイト沼に行って来ました。猿払村にあるとても静かな沼です。カムイ= 神 ト= 沼 神の沼という意味でしょうか。
横

こちらは6月16日に行ったときの様子です。鏡のような湖面でした。
縦

周りにある木道にはシオヤトンボがとまっていました。
シオヤトンボ

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-08-30 21:16 | 風景