オオジュリン8月

オオジュリン8月

8月になってもサロベツにはまだまだ小鳥たちが残っていました(8月1日)
上

オオジュリンです。
正面


前

成鳥か幼鳥かはよくわかりません。
→

横

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-28 17:42 | 鳥類

いろいろなシマアオジ


繁殖期の終わりにサロベツで見つけたシマアオジです。

若い雄のようです。
前


若

下の個体は成鳥ですが、模様が少し違うので別個体のようです。
横


薄い

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-25 07:18 | 鳥類

湿原の小鳥たち


繁殖期が終わりにさしかかった7月31日にまだまだサロベツには小鳥たちが子育てをしていました。

見かけることが少なくなったノゴマは餌を運んでいました。
ノゴマ

アオジも餌を運んでいました。
アオジ

ノビタキの幼鳥です。
ノビタキ

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-23 09:40 | 鳥類

小鳥の幼鳥


7月31日になってもまだまだサロベツに小鳥は残っていました。

ホオアカとその幼鳥
ホオアカ


ホオアカ幼

ほとんどさえずらなくなったウグイスとその幼鳥
ウグイス


ウグイス幼

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-22 20:52 | 鳥類

チュウヒ幼鳥2羽


7月28日に稚内市にチュウヒの幼鳥がいました。

始めは地面に近いところにとまっていましたが、
草

前回観察したときより長く飛べるようになっていました。
飛翔

木の高いところにとまっていました。
木

反対側の斜面にもとまっていました。
斜面

親から餌のようなものをもらっていました。
餌

しばらくすると2羽で一緒にとまっていました。
2羽

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-14 22:57 | 鳥類

静かな木道の朝


サロベツの主要な花の季節も終わり、静かになった繁殖期の終わりの早朝のサロベツ湿原センターの木道は小鳥たちの遊び場になっていました。

オオジュリンです。
オオジュ

シマアオジの幼鳥と思いきや、アオジでした。
アオジ

タチギボウシの上にシマアオジがとまっていました。
シマアオジ

オオジュリンの雌もいました。
オオジュ雌

木の上にはコサメビタキがとまっていました。
コサメ

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-12 07:17 | 鳥類

チュウヒ雌


7月26日にサロベツにチュウヒの雌がいました。
横

抱卵を始めると雌は巣にいて、目にすることはほとんどありません。
斜め

しかし、幼鳥が巣立つと雄はどこかへ行ってしまい、雌を見かけるようになり、雌が巣立った雛に餌を運んでくることもあります。
下

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-10 05:14 | 鳥類

シマアオジ幼鳥確認

7月にサロベツでシマアオジの幼鳥を確認しました。
幼鳥
こんなに少ないつがい数の中でも、細々と繁殖を成功させていることがわかりました。今後の希望につながるとても嬉しい話です。
[PR]
by saroeco | 2017-10-09 07:24 | 鳥類

牧草を持ったチュウヒ


7月25日に天塩川沿いにチュウヒがいました。
上

尾羽の後ろにひらひらしたのがついていました。
後ろ

よく見ると牧草を掴んだまま飛んでいました。
横

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-06 07:01 | 鳥類


7月24日にサロベツ湿原センターの木道にシカがいました。
シカ

いつもは遠くに見える程度ですが、この日は木道のすぐそばまで来ていました。
木道

湿原の植物が食べられたり、踏みつぶされていないか心配です。

長谷部


[PR]
by saroeco | 2017-10-05 20:54 | 動物