ホオアカとオオジュリン

6月13日に海岸砂丘林にホオアカがいました。
今年はあまり近くで観察できませんでした。
ホオアカ

よく同じところにいるオオジュリンはよくみかけました。雄と雌です。
つがい

湿原センターの木道にもいました。頭と目が黒いので、きれいに写真を撮るのは難しいです。
雄2

雄

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-30 22:02 | 鳥類

ビンズイ

6月10日に幌延でビンズイを見つけました。
とまり

6月25日には豊富の林内でふわふわと飛びながら鳴いていました。
縦
dp

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-29 21:54 | 鳥類

ノビタキ

6月10日に若いノビタキの雄をみかけました。
若

6月23日には刈り取った牧草地のそばにいた雄です。
牧草

雄

こちらは雌、えさを持っていました。
えさ

近くには幼鳥が出ていました。
幼

くちばしに餌をくわえていました。
幼餌

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-26 10:09 | 鳥類

6月13日に勇知でホオジロを見つけました。

札幌・旭川・本州などではまったく珍しくもないホオジロですが、サロベツ周辺では珍しく、代わりにホオアカがいます。ホオジロは羽幌でもたくさんいたので、サロベツでは珍しいとは意外でした。
小数が繁殖しているらしくここではホオジロを見つけると嬉しいのです。
ホオジロ

近くのコウホネの沼にはコヨシキリがいました。
コヨシ
さえずり

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-25 22:06 | 鳥類

ショウドウツバメの巣

5月29日にサロベツでショウドウツバメの巣を発見しました。
巣

草が生えていますが、土壁でできた崖です。
草の下

穴が巣で、さかんに行き来しています。
コロニー

近くにの電線にもとまっていました。
電線

近くに巣があるらしく、ツバメもいました
ツバメ

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-17 22:03 | 鳥類

5月31日にサロベツにオオジシギがいました。

今のサロベツはオオジシギの繁殖期で、あちこちから鳴き声が聞こえます。
家の近くでも声がしますが、決まってテレビのアンテナにとまっています。
オオジ

きっと近くの草原で繁殖していて、高い場所から見張りをしているのでしょう。
[PR]
by saroeco | 2016-06-08 17:35 | 鳥類

クマ

5月31日に林道でヒグマがいました。

早朝に鳥類調査をしていると前方に黒いものが動いていました。ヒグマです。
遭遇

100mは離れていたと思いますが、やや大きめのクマに見えました。
横

様子を見ていると、こちらに気付きこちらを見ていました。
縦

すぐそばに車があったのでこちらも臆することなく見ていると、少し近づいてきましたがほどなくしてクマは林道の奥に去っていきました。
去る

ここはヒグマの生息場所ですが、人を見て静かに去っていく健全なクマでした。

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-06 22:10 | 動物

オオジュリンの襟巻き

5月31日に後頭部がやたら白いオオジュリンがいました。
襟巻き縦

これは頭の黒い部分が風で持ち上がっているようです。黒は飾り羽根のような感じで根本は白いのですね。
襟巻き横

普段はこのような感じです。後頭部の白い部分は首のあたりまでです。
普通

こちらはヨシの枯葉がまるで長い尾羽のように見えます。
尾羽

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-05 21:50 | 鳥類

5月26日に湿原センターの木道の木にノゴマがいました。
泊まり

のどの朱色を目立たせながらさかんにさえずっていました。
さえずり

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-04 18:14 | 鳥類

オグロシギ

5月24日に声問の浜にオグロシギがいました。

今年はキアシシギばかりだと聞いていましたが、確かにキアシシギがたくさんいました。
キアシ

そのキアシシギの中に大きいシギが混じっていました。
比較

オグロシギでした。オグロシギは夏羽で胸に赤茶色がかかっていました。
オグロシギ

その名のとおり、飛翔すると尾羽に黒い帯があります。左はキアシシギ
飛翔

はせ
[PR]
by saroeco | 2016-06-03 21:37 | 鳥類