8月23日に幌延ビジターセンター前にコウモリがうずくまっていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

保護しようとすると飛び立ちビジターセンターの壁に貼り付きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やはり頭が下がよいのか、しばらくすると逆さまに向きを変えました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コウモリは種類が多く識別が難しいです。利尻町立博物館の佐藤雅彦氏によると、「この写真では判別が難しいが、キタクビワコウモリではないか」とのことでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はせ
[PR]
by saroeco | 2015-08-24 08:59 | 鳥類

クイナ8月23日

8月23日に湿原センターのそばにクイナがいました。
クイナは藪の中にいつもいるのでなかなか観察することができません。
1羽

木道を散策しに来た人によるとカラスに追われていたそうです。
2羽

一度茂みに入ったクイナが戻ってきたので、ヒナを待っていたのかもしれません。近くからはヒナの鳴き声がしました。

はせ
[PR]
by saroeco | 2015-08-23 17:30 | 鳥類

サロベツでアカモズ

6月27日にサロベツにアカモズがいました。

発見したのは、北大でアカモズの研究をしている北沢宗大さんです。
藪

このアカモズは餌を運んいでたので、サロベツで繁殖していることになります。
餌

近年アカモズの確認情報がなかったので、サロベツからいなくなったのではないかと懸念していましたが、見る人が見れば見つかるものですね。

はせ
[PR]
by saroeco | 2015-08-18 11:21 | 鳥類

ホオアカ6月16日

6月16日にサロベツ湿原にホオアカがいました。

サロベツではこの時期、ホオアカのほうがホオジロよりも普通にみられます。
ホオアカ

はせ
[PR]
by saroeco | 2015-08-17 17:21 | 鳥類

しばらくブログを休んでいましたが、再会します。情報はしばらく古くなりますが、ご容赦ください。

6月8日の湿原センターと幌延ビジターセンターの小鳥です。

湿原センターの木道では湿地の鳥と、湿原センター近くでは森林の鳥も見られます。

アカハラです。
アカハラ

鳴き声は聞こえてもなかなか姿が見えないウグイス。珍しくオオイタドリの葉の上でさえずっていました。
ウグイス

幌延ビジターセンターに行くと建物の前でツバメが飛び回っていました。
ツバメ

木道ではうるさいくらいにコヨシキリがさえずっていました。
コヨシ

はせ
[PR]
by saroeco | 2015-08-16 15:02 | 鳥類